夢月亭~下手の横好き~

夢月亭清修の小説&バス釣りブログ♪小説の更新情報・小説・釣行記録・その他諸々掲載してます★

小説:移動城塞都市と涙の運河 『2.ヌンの使い(1)』  

     2.ヌンの使い(1)――

 翌朝、ニナの車検が終わるのを待って、僕たち三人は昨晩見た街へと入った。
 衝撃と車検が冒険の為のステップ1だとすると、ここからがステップ2。導入の手順は、いつだって似たり寄ったりである。
 具体的にどうするのかと云えば、人里に入って揉め事に絡むのだ。
 まずはその世界の統治者か、その地のお役所でも構わないけれど――彼等に旅の万屋を名乗って何某かの仕事を請け負う。謂わばスポンサーを探すのである。そうすることで、その地の通貨や食料の補充、情報を得て、物語を目撃する機会を窺うのだ。
 請け負った仕事(揉め事)がいきなり物語の中枢というパターンもままあって、このステップ2はなかなかに重要と言えるだろう。
 これに失敗すると後が大変だ――以前、フランツ・カフカの著書の如く、一向に取り合ってくれない巨大な役所に辟易する事態もあった。その時は鼠小僧よろしく義賊活動に身をやつし、最後は逃げるようにしてその世界を去ったのだけれど――。
 まぁ…僕にとってはあまり語りたくない類の思い出である。冒険家でリーダーの秀喜ならば、楽しかったと満面の笑みで語りそうだが……。
 秀喜とはそういう男だ。彼は冒険を楽しみたいし、その為なら善悪の観念など少々吹っ飛ばしても構わないと、そんな風に考えている節がある。僕はなかなかその考え方に馴染めないでいるけれど、でもしかし、そのおかげで助けられた場面と云うのもいくつか記憶にはあって、取り敢えず、近頃では無茶し過ぎるなと念じるのみである。
 ちなみに、ニナはそんな秀喜に全幅の信頼を置いている――というか、表情にこそ表れないが、ぞっこんである。僕のことをお邪魔虫のように思っている節さえある。
 街に入るまで砂漠を歩いたが、その時もしきりに秀喜と腕を組もうとしては「暑いから」と振り払われていた。表情には表れないくせに態度が解り易過ぎる――
 因みに、これは秀喜が冷たい男であると云うエピソードにはならない。砂漠の上は実際問題として非常に暑く、夜の冷え方とは打って変わったよう――砂漠の寒暖差はなるほど、体験してみると過酷そのものだった。
 その点、今回ハイエースの着地点が街からそう遠くない位置だったこと、これはとても幸運な出来事と言える。僕達は一時間程歩いただけで目的の街に入ることができたのだった。


街に入り、しばらく歩いて――そこは赤褐色の景色だ。露出し日に焼けた岩盤と粘土質の土地に、日乾煉瓦で組み上げられた住まいが立ち並ぶ。その広さは「街」と云うよりも「都市」と表現した方が正しいだろう。昨晩目にした灯りは近づいてみれば、思った以上に大きかったのである。
 人々は皆一様に褐色の肌を白のガラビアで覆い、どこかエジプトの古い時代を思わせた。
「これは……」
 街並みを一見して感じた様子を、僕は秀喜に伝えた。
「おかしな都市だね――結構広いみたいだけれど、農耕の気配がまったく無い…」
「はぁ?」
 秀喜にはピンと来ないらしく「それがどうした?」と言わんばかりだった。
「よく見ろよ祐介、あっちこっちに鶏や牛がいるじゃねーか。家畜、酪農。農耕は重要でもないだろ?」
 その言葉に、僕は溜息を吐きたくなった。まったく、冒険家のクセに洞察力と思慮が足りないと言わざるを得ない……僕は彼の言葉にやんわりと反論した。
「勿論それらも生活の糧だろうさ。でも、これだけの規模の都市だ――家畜だけで食料を賄うなら、もっと巨大な牧場が必要なはずだよ。しかしここは……たぶん、大量の家畜を育てるにも向いていない。土地に牧草や飼育料を育てる環境が無いように見える」
「んん? でも家畜いるじゃねーか」
「そこが不思議だって言っているんだよ。オアシスでも囲って栄えたならば、多少は農耕したり、放牧の為の場所があってもいいんだけれど、どうやらそれも無さそうだ。家の上に桶のようなものも見えるから、きっと水は雨水を利用しているんだろう……そういう環境なら、ならば飼育料はどこからか輸入するしかないはずなんだ」
「なるほど、じゃあそうやって家畜育ててるってわけだ――ん? でも待てよ……」
 ここまで話して、ようやく彼にも疑問点が見えてきたらしい。
「あれ? どっから輸入するってんだ?」
「そうだよ秀喜、この都市は山と砂漠に囲まれている。砂漠の広大さは未知数だけれど、このレベルの文明なら、どちらも越えるのは命がけだと思うんだ。つまり、物流や経済ってものが、この場所からは見えてこない。そこが不思議なんだ――」
 そう、砂漠だけではないのだ――都市に入った僕達の正面に、巨大な山脈は常に見えていた。それは都市の背後を覆うように連なっていて、その全てに植物は見えない。山肌は荒々しく、所々白く見えるのは石灰岩らしい。こちらも砂漠同様に奥行きは未知数だが、その見た目の高さから、超えてゆくのは相当に過酷だろうと思われた。
「…でも――」
 そこで僕の疑問に小声を挟んだのがニナだった。彼女は両耳に手を当て、瞳を閉じ、周囲の音に集中している様子だった。

                                           ≪――続く≫

前話→『端緒/1.到着の夜』   次話→2.ヌンの使い(2)


にほんブログ村

Posted on 2017/10/11 Wed. 19:02 [edit]

category: 小説:移動城塞都市と涙の運河

thread: 自作小説 - janre: 小説・文学

tb: --   cm: 4

コメント

二話読みましたー
ニナちゃん可愛い(*´ω`*)
表情に出ないのに腕を組もうとしているとことか♡ 秀喜くんはニナちゃんの気持ち気づいているのかな?二人は付き合ってる?
秀喜くんはなんか…野球選手の名前のような…きっと体育会系の勇ましい男なのだろう!
主人公は知能派なのかな?バランスの取れたパーティですね(^^)

さてさて、この街にはいったいどういう秘密が…地下で農業してるとか。。あ、でもそれでは日光が足りないか…どんな冒険が待ってるのか楽しみです((o(´∀`)o))ワクワク

URL | たおる #-
2017/10/15 02:39 | edit

Re: タイトルなし

>たおるさん
こんばんは!
コメントありがとうございます^^

秀喜とニナの関係性ですが、後々ちょっぴり語ってある程度想像にお任せする予定だったりします。笑
秀喜君は野球選手っていうか、まんまですよね><
ちゃんと活躍してくれるといいんですけれど……

さて、この町のヒミツと言うか、状況については、これから四話くらい使ってゆっくりお話しますので、是非またお時間よろしい時によろしくお願いします♪

URL | 夢月亭清修 #-
2017/10/15 19:58 | edit

このSF的な不可思議な世界観の全容が、
連載を通して少しずつ少しずつ明らかになっていくのが
わくわくします。
みんなそれぞれ得意分野があって補い合ってる素敵な関係ですね^^
祐介は観察力があるようで、ささいな情報からいろんな疑問点をあぶりだしていく
様が見事だなっと思いました。
引き続きこの都市の謎が明かされるのを楽しみにしております!

URL | canaria #-
2017/10/17 10:30 | edit

Re: タイトルなし

>canariaさん
こんばんは!
コメントありがとうございます^^
本当にちょっとずつしか語れないんですが、気長に付き合って下さると嬉しいです♪

そうなんです。
三人とも個性がバラバラで、補い合ったりイガミ合ったりです。笑
仲良いんだか悪いんだかのやり取りも楽しんでもらえるよう頑張ります^^

URL | 夢月亭清修 #-
2017/10/17 22:50 | edit

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター

プロフィール

カテゴリ

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング(小説)

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード