夢月亭~下手の横好き~

夢月亭清修の小説&バス釣りブログ♪小説の更新情報・小説・釣行記録・その他諸々掲載してます★

小説:不思議なオカルト研究部 第七話 廃屋の人形≪外伝≫  

   小説:不思議なオカルト研究部 第七話 廃屋の人形≪外伝≫


『日記――七月某日(柳田邦彦著)』

 テスト勉強の手を止めてフィールドワークを実施。場所は○○町四丁目にある旧加納家の廃屋。
 久し振りの好天に恵まれたた今日は、どうやら梅雨明けだったらしい。
 現場では霊障を引き起こすに相応しげな童人形を発見するに至った。
 童人形は、現在兄によって浄霊中である。

 この人形の出自については、加納家が父の代の檀家であったことから、早期に曰くの元となりそうな話を聞けた。
 嫁入り道具に日本人形とは古風極まりないが、しかも衣装人形ではなく童人形と云う所が解せない。ひょっとしたら、社長令嬢の実家は人形の祟りを知りながらも、それを婚家に擦り付けようとしたのではないだろうか?
 あくまで推測だが、そんな気がしてならない。

 今日一日を振り返って、久し振りに物騒なフィールドワークだったと思う。兄にも厳しく叱られてしまった。が、俺は活動を止めるつもりは毛ほども無い。兄のようにはなれないだろうが、この家に生まれた者としては、このオカルト研究部の活動が何かしら役に立つ日が来ると信じたい。
 兄へのコンプレックスと正面から向き合うのだと、俺は決めている――。

 閑話休題。
 それにしても、我が部の新入生、山田直也は実に面白い。始めはオカルトと縁遠そうに見えたが、まるで殻を破って羽を広げる蝶の映像を早送りで見ているようだ。
 自分の直感を信じ、感覚でオカルトを理解しようとしているように見える。
 今日のフィールドワークなど、映像を見た時の奴の青ざめた顔が無ければ、今頃どうなっていたか分からない。現場の禍々しさは相当なモノだったから、俺達も障られていた可能性が高いと思う。カルマを呼んでおいて大正解だった。
 直也、あいつには、ひょっとしたら特別な何かがあるのだろうか?

 そう言えばカルマだが、フィールドワークの後で兄と地下室に直行し、浄霊を手伝っている。
 手伝いとは云ってもただそこに座らされているだけだが……一度上がって来た時は「軟禁だ監禁だ」と煩かった。二度目に上がってきた時は「人形が動いた! すげぇぇぇ!」と煩かった。
 早く浄霊が終わって、奴が家に帰ることを切に願う。《了》

本編はこちら→第七話 廃屋の人形 前編/  中編/  後編

シリーズ一覧はこちら→不思議なオカルト研究部


にほんブログ村

Posted on 2017/04/06 Thu. 22:22 [edit]

category: 小説:不思議なオカルト研究部

thread: 自作小説 - janre: 小説・文学

tag: 小説 
tb: --   cm: 2

コメント

こんばんは!

遅ればせながら、前・中・後編と一気に読ませて頂きました。
今夜はネット回線の御機嫌も良かったようですんなりページを開くことが出来ました。

さてさて、
いつもは比較的飄々とした感じの(?)オカ研の面々の所に持ち込まれた本物の怪異・・・
という事で、これはいつになく重めの雰囲気で事が進んでいくのか・・・と思いきや、
あのカルマさんのいきなりの登場でがらっと雰囲気変りましたね(笑)
あ、なんかこれは通常運転に戻るのかな?と思っちゃいましたw

廃墟・離れ座敷一面の封印・髪の伸びた和人形・・・全くオカルト三種の神器と言っても良いシチュなのに、カルマさんが居ると何故か怖さが薄れてしまうとか・・・
文面だけでもどれだけパワー持ってる人なんですか(笑)
お屋敷神、氏神系は古い話でちらほら散見しますね。僕も好んで聴いている田舎関係の怪談にも出てきます。
うちも古い家系(600年くらい?)ですが氏神は無くて、一族を祭る守寺がありその境内に無数の墓石や石碑があるんですが、
いわくつきの品は聞きませんね。
いわくつきの人は何人も居ますが・・・明治の頃に輿入れして来た華族令嬢が困ったちゃんだったとか、僕の曾祖母がとんでもない高ビーだったとか色々(笑)

話がそれました。
後半に出てきた部長のお兄さんの名前で吹きました。
多分ですが、作家の方ではなくて民俗学者の方のお名前がモチーフですかね?

それにしても・・・うちの近辺にも怪奇映像撮影に使えそうなスポット多いですが、
たまに廃墟探検に来る他府県からの若者に場所を訊かれるんですけど、心霊以外で危ないことも多いですからリアルでは控えた方が無難ですよね。


URL | いぬふりゃ☆ #OS7RI82Q
2017/04/07 20:37 | edit

Re: タイトルなし

>いぬふりゃ☆さん
こんばんは!
読了ありがとうございました^^
本当にヤバいところにキャラクター達を突っ込ませると後々収集がつかなくなるので><;今回はカルマさんにお手伝いいただきました。笑
オカルト好きなのに、可哀想なくらい強いパワーを秘めていますよね♪
純粋にホラーを書くのであれば、バッドエンド上等で彼の登場も必要はないのですが…

いわくつきの人たち……w(ある意味ホラー?笑)

そうなんです。民俗学の方の名前を使いました^^
本当は部長の方がもじった名前だったのに、兄を登場させた時にうっかり邦夫としてしまいました…
まぁ、兄の方が早く生まれるモノだから別にいいか、と。笑

廃墟、危ないですよね~……
事故でも起こったら大変ですし、場所や状況によっては助けてもらえるかどうかも分かりませんしね。
ほんと、滅多なことをするもんじゃありませんよね…

URL | 夢月亭清修 #-
2017/04/08 22:41 | edit

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター

プロフィール

カテゴリ

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング(小説)

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード