夢月亭~下手の横好き~

夢月亭清修の小説&バス釣りブログ♪小説の更新情報・小説・釣行記録・その他諸々掲載してます★

小説:不思議なオカルト研究部シリーズ更新!  

本日幻創文芸文庫(β)小説が更新されました!

『不思議なオカルト研究部 第六話 迷子霊 後編』

ファミレスに現れた少女の霊に、直也はどんな手を打つのか……

『第六話 迷子霊 後編≪試し読み≫↓』
 店を出て、石動と別れて直也が思い出したのは、とあるバーの存在である。
『occultism(オカルティズム)』――オカルト研究部のOB、通称カルマなる人物がマスターをしているオカルトバーで、店からそう遠くない位置に立つ雑居ビルの最上階に存在している。
 夜も更け切ったこの時間帯だが、そこはまだ営業しているはずで、大学一回生が仕事上がりに一杯引っ掛けるとは生意気な――とは思うなかれ。生粋のオカルトオタクであるカルマなら、何かヒントとなるような知恵を持っているかもしれない、と考えたのである。
 そう、直也は帰路の間にも先程の少女のことを考えて、『出たいのならば出してやりたい』と、そう思い始めていたのだ。
 彼女が店を出れたなら、おそらくは彼女を目撃して退職するアルバイトも減るに違いないと、その利害も一致しているように思う。
 何故出ることができないのか? それが直也の疑問であった。

続きはこちら→第六話 迷子霊 後編

前回更新はこちら→第六話 迷子霊 前編

シリーズ一覧はこちら→不思議なオカルト研究部シリーズ

第六話の外伝は後日ブログに更新予定です!よろしくお願いします^^


にほんブログ村

Posted on 2017/03/03 Fri. 21:04 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 小説  幽霊 
tb: --   cm: 4

コメント

伊達にオカルト研究部ではないですね!直也君の頭の回転の速さはすごいです!
これで少女の霊も解放されたし、新しく入ってくるバイトの人達もすぐに辞めることにならなくなりそうでよかったですね(*‘∀‘)
夜中に読んだのでちょっと怖かったですが、楽しく読ませていただきました!

URL | ANTARES #-
2017/03/04 04:14 | edit

真昼間にこんばんはσ(~~σ)))

やっと読ませていただく心の余裕が出来たので、続けて読ませて頂きました。

先ず学生の合宿4日間で15万は高杉ですね(笑)
一体ナニをやるつもりなのか…まあきっとろくでもない事を(ry
3ヶ月で15万、今なら結構EASYに稼げそうな気もしますけどね。職種を選ばなければ…。
僕はン十年前の学生時代、ずっとガススタ店員のバイトしてましたが月10万前後貰ってたかなぁ。
まぁ深夜までガッツリ入ってたらからかもですが。
ちなみにその店では深夜になっても幽霊のユの字も出なかったです( ̄▽ ̄;)

店長が置いた盛り塩の結界ですけど、店長ってそっち系の知識とか少なそうな印象受けましたが、
偶然なのか何なのか…適所適所に盛り塩を置いたんですかね。それプラス調味料の塩の相乗効果だったんでしょうか。
盛り塩ってちゃんと配置しなければなんの効果も得られないと聞きますけど…。
そしてやり方を間違えると逆効果にもなるとか。
リアルな話、昔住んでた家によくそっち系が出た(実態はよく判らないが走り回る音+声+ラップ音)のですけど、僕は完全放置だったんでオカ研部員には向きませんね(笑)
しかし今回のは怖い系の霊体じゃなくて良かった(?)ですよね。
よくある「真っ黒に焼け焦げた…」とか、「体がグズグズに腐った…」系だったら冷静に対処出来たのでしょうか…?

余談ですが、先日近くの山の反対側にある「孔舎衛坂駅跡」と、その真横の旧トンネル入口付近に久しぶりに寄ってみたのですが…何も起こらず(ノ∀`)アチャー
御興味おありでしたら「石切・孔舎衛坂駅」でググるといろいろ出てくると思います。
一応廃墟&心霊スポットなんですけど…よほど僕はそっち系の存在に嫌われてるのか(笑)
近くには「生駒山廃墟群」もありますが、そこでも何も見てないです…( ̄◇ ̄;)

URL | いぬふりゃ☆ #-
2017/03/04 15:19 | edit

Re: タイトルなし

>ANTARESさん
こんばんは!読了ありがとうございました^^
いえいえ、ちょっとでもホラー要素のあるものなら夜に読むべきです。笑
後日ブログに外伝(ショートショート)も掲載します。
たぶん一分か二分で読めちゃう内容なので、こちらももしよろしければ是非!

URL | 夢月亭清修 #-
2017/03/04 21:43 | edit

Re: タイトルなし

>いぬふりゃ☆さん
こんばんは!読了ありがとうございます^^
合宿で15万は本当に高いですねww僕だったら絶対に参加しません><;
何話か後に合宿の話を書く予定なので、どんなろくでもない感じになったかは確認していただけたら幸いです。笑

三ヶ月で十五万は結構簡単です!
東京の最低時給で計算しても週三回普通に働けば稼げる額なので、直也君は様子からすると、目標よりだいぶ働いている感じがしますねw
ちなみに僕も学生時代に24時間営業のファミレスで夜勤やっていましたが、幽霊に遭遇することは一度もありませんでした><
夜働けば見えるわけでもないですよねw

いぬふりゃ☆さんの印象の通り、店長に知識は一切ありませんね^^
ひょっとしたら信心深くて『とりあえず盛り塩かなぁ…』なんて思ったのかもw
盛り塩はめちゃめちゃな置き方をすると効果無いようですが、基本は四隅において部屋や建物を囲むそうです。
『囲む』ということが大事だそうで、物語の中では『物理的な障壁+等間隔におかれた塩』が『偶然出来上がった結界』に早変わりしました^^
それと店長の置いた盛り塩ですが、チェーンファミレスの小鉢や取り皿って、だいたい白色の陶器じゃありませんか?
盛り塩にはうってつけだったりします。笑

≫よくある「真っ黒に焼け焦げた…」とか、「体がグズグズに腐った…」系だったら冷静に対処出来たのでしょうか…?

↑絶対に対処できないでしょうねw
対処できない霊はきっと書けませんね……お話にならないのでw
この物語に怖い霊が登場するのか、しないのか、こうご期待です!

面白そうな情報感謝です!
今度検索してみます♪

URL | 夢月亭清修 #-
2017/03/04 22:23 | edit

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター

プロフィール

カテゴリ

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング(小説)

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード