夢月亭~下手の横好き~

夢月亭清修の小説&バス釣りブログ♪小説の更新情報・小説・釣行記録・その他諸々掲載してます★

scriviamo! 2017 参加作 『フィッシュ&ソルト』  

scriviamo.png
(当作品は小説ブログscribo ergo sumの管理人、八少女夕さん企画のscriviamo! 2017参加作品です。)

   『フィッシュ&ソルト』  夢月亭清修
8244021431_44dd31868a.jpg

 夏――気の長い太陽が、それでも傾いてゆく夕刻の浜辺で、海猫の鳴き声が響いた。
 紅に金を混ぜた強烈な色彩に呆けたツラを向ける僕は、嗚呼、仕事で汗を吸った開襟シャツが、潮風で乾く程にはそこで突っ立ていて――。

 ほんの数時間前に、酷く衝撃的な事態に見舞われた。
 傷付いた僕の心は、自然とこの場所に、ただ立つのを選んでいた。

 昔からそう、この町に生まれ、この町で育った僕は、傷心の度にこの海を訪れている。
 学生の時分なら、この後は仲間を集めて夜通し騒ぐ事を更なる慰めとしていたのだけれど、さぁ、今回はどうだろう――幼馴染達も皆就職して、中には家庭を持った人もいる。

 さすがに今回は無理か……。

 そう思って、広大な海に背を向けた時、ポケットから着信音が聞こえた。
『シロギス大量! 今日はキス天パーティー開催!』
 幼馴染の一人、大ちゃんからのメールだった。
『直ぐに行くよ』
 返信し、彼の家へと足を向ける。
 夜通しは無理かもしれないけれど、まるで恒例行事の方から僕を呼んでくれたようで、嬉しかった。

     *

 大ちゃんの住むマンションの部屋は、部屋数こそ少ないものの立派なダイニングがあって、カウンターキッチンが彼の自慢だった。
 バーカウンターよろしくそれを利用して、今日のお客は僕と岳やん。僕達の目の前に、次々と揚げられたキス天が並んでゆく。
 大ちゃんの作る天麩羅は卵を使わない衣をサラダ油で揚げた、所謂関西風。キスの身の色と相俟って白く、その無骨な手が作ったとは思えない程繊細な仕上がりだった。
「いいねいいね! めっちゃ美味そう!」
11017001176.jpg

 出来上がりをはしゃぐ岳やんが早速箸を伸ばして――あっ、と声を上げた。
「大ちゃん、早く天つゆ出してよ」
 天麩羅は天つゆで食べる物、それが岳やんのイメージだったらしい。大ちゃんはそんな彼に呆れたように言った。
「ばーか。天つゆに漬けたら薄い衣が台無しだろ? 塩振ってあるからそのままイケ。素材を味わえ」
 言われて、じゃあと頬張った岳やんの顔が笑った。
「ウマッ! めちゃ美味いよ! やるね大ちゃんっ!」
 だろ? と得意げな大ちゃんが、今日の釣りが如何に素晴らしかったかを語り出す――そう、今揚げられているキス達は、全て大ちゃんが釣り上げた魚達だ。
 とれたて新鮮、それが大ちゃんの手に掛かって、不味いわけがない。

「ほれ、智ちーも食え」
 勧められて、僕も箸を伸ばした。
 頬張れば、薄くても心地よい衣の食感が歯に弾けて、ふわっと柔らかい身が舌を唸らせる。
 淡泊なのに、甘い――。
「美味いだろ? 塩が魚の甘みを引き立てるんだ」
 ニカッと笑った大ちゃんに、僕は頷いた。
そして――

「お、おいっ! どうした智ちー!」
 大ちゃんと岳やんが、驚いた顔で僕を窺っている。
 無理も無い。僕が、大粒の涙を零しながらキス天を頬張っているのだから。
「智ちー……なんかあった?」
 心配そうに目尻を下げている岳やんが、優しくそう聞いてくれて、僕は頷いた。

 大ちゃん、岳やん、ごめん。
 あの頃のように騒ぐつもりで来たのに、どうやら無理みたいだ。
 騒ぐ前に、聞いてくれないか?
 僕は、あの娘と結婚したかったんだよ――。

 大ちゃんが差し出してくれた缶ビールを嗚咽と共に飲み込んで、僕は語り出した。
 人生は甘くないけれど、この涙が、いつかその甘みを引き立ててくれるに違いない。
 そう、願いながら――。≪了≫


にほんブログ村
夕さんの企画に初参加です^^どうもありがとうございました!

夕さんと言えば「食べ物!」というイメージがあって(食いしん坊という意味ではない……いや、どうなんだろ?笑)、逆に自分は食の描写が少ないタイプ。
なので良い機会だし、サーブを送る側としては「食べ物」を使おう、と思い書いてみました。
最初は『塩』をメインにしようと思ったのですが、やはり調味料オンリーじゃね……
魚を使ってこのブログらしくなった気がします。笑

読んで下さった方々に感謝です(○´・Д・`)ノ

Posted on 2017/01/16 Mon. 04:06 [edit]

category: 小説:読み切りss等

thread: 自作小説 - janre: 小説・文学

tb: --   cm: 12

コメント

おおおっ

こんばんは。

清修さんらしい、釣りたてのお魚小説!
なんておいしそうな。
私、キスの天麩羅、大好きなんですよ。
それも釣りたてだなんて、私泣かせです。
もう読んでいるそばから、お腹は空くし、じゅるじゅる……。

そう、ご明察の通り、私はウルトラ食いしん坊です。

暖かい幼なじみたちの歓迎で、泣きたかった想いがあふれてきてしまったんですね。
うん、きっといつか、この話題が呑みの肴になるような、そんな幸せが主人公にも訪れますよね。
ああ、なんか最初の写真のように暖かくて心の琴線に触れる素敵な小説でした。

素晴らしい作品でのご参加ありがとうございました。
うう、これに見合うようなお返しできるかなあ。
頑張りますので少々お待ちくださいね。

URL | 八少女 夕 #9yMhI49k
2017/01/16 05:26 | edit

こんにちは!( ̄Д ̄)ノ

新鮮なキス天は塩だけ軽く振って食べるもの…!
大ちゃんわかってますね~。
美味しすぎるものを食すると色んな意味で思わず落涙…何だかわかる気がしますね。
それが独りじゃなく気心知れた人達と、だと思わず心の内にあるものがこみ上げて…うんうんわかるよ。(´-∀-`)

シロギスという事は浜からのジェット天秤付けた投げ釣りかな~。
キスってあんまり手応え無いけど釣れる時には一気に大量に来ますよね。
何だか僕も、あの入れ食いウハウハを久しぶりに味わいたくなりましたよ。

しかし数年に一回のペースで従兄弟と行く若狭の海で釣れるキスはやたらデカくて可愛げが無い…(笑)

URL | いぬふりゃ☆ #-
2017/01/16 13:15 | edit

Re: おおおっ

>八少女夕さん
こんばんは!読了ありがとうございました。
キスの天麩羅って本当に美味しいですよね~。
僕も大好きです^^
深夜に書きながらお腹空いてきちゃって…でも、家の冷蔵庫は空っぽだし……じゅるじゅるです。笑

夕さんがこのお話にどんな作品をアンサーするのか、とっても楽しみにしています♪
食べ物関連で返ってきたらお腹が空いてしまいますので、家の冷蔵庫に何かしら補充しておきますね。笑

URL | 夢月亭清修 #-
2017/01/16 21:38 | edit

Re: タイトルなし

>いぬふりゃ☆さん
こんばんは!読了ありがとうございます。
なんだかこのお話、語りは智ちーなんですが実は大ちゃんが主人公のような気がしてます。笑
たぶん登場人物の中で唯一釣りを嗜んでいる様子なので^^

季節は夏ですし、スポーニングを投げ釣りで狙ったんじゃないでしょうか?
やっぱり僕のイメージもジェット天秤でしたw

デカいキスも嬉しいですけど、やっぱり天麩羅には天麩羅のベストサイズってありそうですよね^^

URL | 夢月亭清修 #-
2017/01/16 21:43 | edit

なんと!夕さんイベント企画してるのか!私も行って見よう!

おおう、天ぷら美味しそう〜♪
小さい頃釣り堀で釣ったお魚を塩焼きにしてその場で食べたことあるんですが、すごく美味しかったので、きっとこの天ぷらもすごく美味しいはず(^-^)
天つゆもいいですけど、お塩もいいですよね♪抹茶塩も良きかな(*´ェ`*)
お料理上手なお友達いるといいですよね(笑)私の分も作ったくれい(笑)

智ちーさんいいお友達持ちましたね(T_T)
好きな人と結婚できないのは辛いです…。相手さんは他の方と?それとも不慮の事故などで…?
でもほら!他の方と結婚しても離婚するかもですし!(おい
これから会うべき人がいるってことかもしれませんし!智ちーさん元気出して!
一緒に婚活頑張ろう!←

友達のありがたさに心温まるお話でした(*´ェ`*)

URL | たおる #-
2017/01/16 22:24 | edit

ああ~

キス天おいしそう~!
(冒頭の主人公の傷心が吹っ飛ぶくらいの衝撃)

私は自分で作ったてんぷらが納得いかないので、家で作ることは無いのですが(笑)大ちゃんに作ってもらいたい~^^

そうそう。なぜか、溜め込んだ悲しみは、美味しいものを食べると決壊して泣いちゃうんですよね。
あれはなぜでしょうね。

悲しい時は泣きなさいって、体が教えてくれるのかもね。

URL | lime #GCA3nAmE
2017/01/17 07:51 | edit

こんばんは。

うん、間違いなくキス天は上手いです。そうそう薄い衣に軽く塩を振って、ビールなんかあったりして・・・って、サキはあんまり飲めないんですけどね。
でもこのお話には飲酒の描写が無い・・・?と、あ!最後にやっと出てきた。
やっぱりビールですよね。
でもいい仲間達ですね。こういう集まりが自然に開ける、そういう仲間は人生の宝だと思います。羨ましいというかなんというか。
でも智ちーの身にいったい何があったんでしょう?
色々と想像が膨らみますが(女がらみ?)、紅に金を混ぜた強烈な色彩の太陽と素敵な友人達、それに上手いキス天(ちょっと涙味)。なんだか上手く癒えそうな予感。

URL | 山西 サキ #0t8Ai07g
2017/01/17 19:55 | edit

Re: タイトルなし

>たおるさん
こんばんは!読了ありがとうございました!
是非是非、たおるさんも参加してみてはいかがでしょうか? と僕がお勧めするのも変かもしれんせんが、(皆で夕さんを困らせる?笑)素敵なイベントだと思います。

ああ~っ!抹茶塩!それそれ!なんでか超美味しいですよね><
くそぅ……猛烈に天麩羅が食べたくなってきた……

智ちー、何があったんでしょうね?wそこは想像にお任せする形にしました。
なんと、離婚待ち作戦wwwww(それはさすがに…笑)

こんな短いお話ですが、心温まっていただけたならめちゃめちゃ嬉しいです^^

URL | 夢月亭清修 #-
2017/01/17 20:57 | edit

Re: ああ~

>limeさん
こんばんは!読了ありがとうございました!
読んで下さった方の胃袋を刺激する為に今回は写真を利用しました。笑

天麩羅上手な友人がいたらいいなぁ~って、僕も書きながら思いましたよ^^
揚げ物……なかなか自分ではやれないんですよね……

体が教えてくれる←これに共感です。
悲しい時だけじゃなくて、いろいろな瞬間に色々なサインをくれるように思います。
(まぁ、僕が一番感じるのは健康面でのことだったりしますが…笑)

URL | 夢月亭清修 #-
2017/01/17 21:03 | edit

Re: こんばんは。

>山西サキさん
こんばんは!読了ありがとうございました^^
そうそう、やっぱビールですよ、ビール。うん。(って飲めないのかーい!←一応ツッコミのつもり…w)

ほんと、書いた僕自身こういう仲間が近くにいてくれる環境には憧れてしまいます。
就職するとなかなか時間が合わないこと多いですしね><;

智ちー、きっと女がらみなんでしょう。
何があったかはご想像にお任せする形にしてしまいましたが、「なんだか上手く癒えそうな予感」と、そう感じていただけて嬉しいです♪

URL | 夢月亭清修 #-
2017/01/17 21:09 | edit

智ちー(i_i)
泣けるんだけど、良いお話だー

大粒の涙も美味かったよねってきっと語れる日が来るよー
大ちゃんのキス天、最高だね。岳やんも良いやっちゃー
どーしたー、そーか、そーか、って聞いてくれる友達がイイね。

URL | けい #-
2017/01/18 20:44 | edit

Re: タイトルなし

>けいさん
こんばんは!読了ありがとうございました^^
智ちーには余計に甘しょっぱいキス天になったかもですねぇ~w
こういう幼馴染がいたらいいなぁなんて思います。

URL | 夢月亭清修 #-
2017/01/19 00:43 | edit

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター

プロフィール

カテゴリ

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング(小説)

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード