夢月亭~下手の横好き~

夢月亭清修の小説&バス釣りブログ♪小説の更新情報・小説・釣行記録・その他諸々掲載してます★

R-18小説:妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ更新!  

本日幻創文庫にて小説の更新です!

奇譚×官能の連続短編『妖・密事シリーズ』の副題『壺中天の宴Ⅴ』になります。

ラスト二話、後半戦突入です。
(当作品は官能小説です☆18歳未満の方はご遠慮ください☆)

≪本日更新作『壺中天の宴Ⅴ』試し読み↓≫
 部屋の外が何やら慌ただしい様子――使用人達の駆け回る足音や、何事かと詳細を問う声が様々な方向から飛び交っている。
 その騒々しさはやがて深い眠りの中に居た明美にも届いて、彼女は目を覚ました。上半身を起こし、ぼんやり霞んだ頭で辺りを見回して、己の裸体に少しだけ驚き、嗚呼、昨夜の情交が夢では無かったのだと悟る。
 少し身をよじれば、未だ溜まったままの精が零れてしまいそうな感触があった。それが彼女には嬉しくも、しかし隣に彼の姿は無し。
 まぁおそらく令嬢の元に帰って行ったのだろうと、それは致し方ない事と考え浴室へと向かった。
 身形を整えて部屋を出てみれば、やはり洋館の内部は不穏な空気に騒々しく色めき立っていた。何事だろう……明美も不安になって、もし――と、近くを通り掛かったメイドに話し掛けてみた。
「あの、どうかなさったんですか? 何か皆さん、慌ただしいような……」

続きはこちら→壺中天の宴Ⅴ

シリーズ一覧はこちら→妖・密事シリーズ


にほんブログ村

Posted on 2016/09/07 Wed. 23:40 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 官能小説 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター

プロフィール

カテゴリ

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング(小説)

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード