夢月亭~下手の横好き~

夢月亭清修の小説&バス釣りブログ♪小説の更新情報・小説・釣行記録・その他諸々掲載してます★

R-18小説:妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ更新!  

本日幻創文庫で小説更新されました!

奇譚×官能の連続短編小説、『妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ』です。

副題『壺中天の宴』のⅣになります。

令嬢の専属執事が主のいないところでアレコレはじめちゃっていますが、ではその間令嬢は何を?のコーナー。w

楽しんでいただけたら幸いです!
(当作品は官能小説です☆18歳未満の方はご遠慮ください☆)

≪本日更新作『壺中天の宴Ⅳ』試し読み↓≫
 なかなかに広大で複雑な構造を持つ洋館故、どこのどんな通路であったか詳細は記さずも、されど繰り開いた窓の外、その夜の景観は記すべきか。
 凪いで黒い海の圧倒的な存在感は日中のそれと打って変わって恐ろしくも、まるで夜空と同化して宇宙の深さを思わせる。
 夜空に瞬くは夏の大三角を主演にした恋の舞台――散りばめられた脇役達の個性さえ瞬いて、その名演は令嬢の心に感動を与えただろうか?
 いいや、窓際にあれば「深窓の」と謳いたくもなる横顔なれど、その表情どこか詰まらなそうである。
 そんな横顔に、柔和な笑みと優しげな声で近づく青年あり。その凛々しい目鼻立ちと繊細な金色の髪は混血の成すところであろうが、とまれ細い白のスラックスに青いシャツ、その上物を着こなしてなんら差し支えない所見るに、この宴の客、つまりはどこぞの財閥の跡取りであることだろう。
 彼、そっと令嬢の横に立ちかく語りき。
「浮かない顔をされていますね。貴女はベガのように美しいのに、それではアルタイルも振り向いてくれませんよ?」

続きはこちら→壺中天の宴Ⅳ

シリーズ一覧はこちら→妖・密事シリーズ


にほんブログ村

Posted on 2016/09/02 Fri. 23:53 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 官能小説 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター

プロフィール

カテゴリ

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング(小説)

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード