夢月亭~下手の横好き~

夢月亭清修の小説&バス釣りブログ♪小説の更新情報・小説・釣行記録・その他諸々掲載してます★

R-18小説:妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ更新!  

本日幻創文庫にて小説が更新されました!

奇譚×官能の連続短編小説『妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ』です。

本日の更新は『船上、一幕見 後編』――虚穴坊、木姫、そしてレディ・ウィンセルらの行為がどのような結末を迎えるのか……行為が行為なだけにどうにもなりませんがw 是非ご賞味ください♪

≪本日更新作 試し読み↓≫
 最上の駄賃にご満悦のレディ・ウィンセル――いよいよ操舵室にて舵を取り、これよりナロニック号は再び『芒』を目指すところ。
 ボイラー室では最近少しばかり働くようになったアルフレッド・タイラーが釜に代替燃料を放っている――準備は万端である。
 その時、出船を見届けようと操舵室を訪れたが木姫で、振り向きその顔を見たレディに花の咲くような笑みが湧いた。
「姫様!」と云うなり駆け寄って、頬擦りでもするかに抱き留める。木姫がこれに答えるわけも無く、素気無くレディの顔を掌で押し留め、口にしたが普段と変わらぬ冷たさで――「なんじゃ、気持ち悪い」と。

続きはこちら→船上、一幕見 後編

シリーズ一覧はこちら→妖・密事シリーズ
(当作品は官能小説です☆18歳未満の方はご遠慮ください☆)

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

Posted on 2016/11/28 Mon. 21:20 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 官能小説 
tb: --   cm: 4

相模湖 バス釣り~2016.11.26ザリメタルでどうにかこうにか  

2016.11.26(土)の相模湖釣行記事。

24日には1962年以来54年ぶりの11月の降雪を記録したところでして――ここ数日の夜の冷え込み具合もなかなか厳しいものでした。

これは湖の水もさぞ冷たくなったことだろう……このタイミングで釣れるだろうかと心配しながら、後輩SIと朝6時に柴田ボートさんから出船です。
20161126HR.jpg
↑放射冷却で湯気立つ相模湖

ボートでこの上に浮かぶのはかなり寒かった><;


―☆どうにかこうにか…☆―

鉄板投げても、ワームを投げても、なぜか二ゴイがバイトしてくる後輩SIの隣でただただ沈黙の夢月亭でした。笑

外道とはいえ魚の引きが見ていて羨ましく、歯ぎしりしながらメタルバイブをシャクり続けること8時間――
2016112631.jpg
やっと釣れた!

冷え込んで底ベタの動かないバスばかり想像していたのですが、HITしたのはワカサギっ気の見えたエリア、水深はたぶん3m前後でした。

人間の体感ではすっかり冬でしたが、魚はまだまだベイトの群れに夢中みたいです^^

大きくないですが、いかにも「エサ食ってるぜっ!」って感じの太り方が嬉しい♪
2016112631②
↑同じ魚です。

ミスバイトな下アゴ外掛かりでしたが、RYUGI ピアスダブルTCの一本チューンでゲット。

初期掛かりの良さがリフト&フォールのオートフッキングをサポートしてくれます。

本日唯一のバイトを逃さなかったこの針に感謝!
(そう、この後は何も起きなかったのです……なぁんにも……)

―☆タックルデータ☆―
ロッド:DAIWA BLACK LABEL+661MLFB
リール:DAIWA SS AIR 8.1R
ライン:Seaguar R18BASS 8lb
ルアー:issei G.C.ZARI METAL6g(村上シャッド)+ピアスダブルTC#8
―――――――――――

―☆総括☆―

ベテランアングラーの方からすれば当然のことかも知れませんが、やはり自分の体感で魚のコンディションをイメージするのは良くないですね><;

今回釣れたのは一匹だけでしたが、それでも運が良かった方だなぁと思います。

軽い鉄板で、浅い方からダウンヒルに落とし込んでいたのでギリギリ出会えたって感じでした。

……でもしかし、水深のあるリザーバーでワカサギやオイカワの群れをバスが追っている状況ってどうにも打破できるイメージが無いんですよね……。

レンジはどこだ? 回遊してくるポイントはどこだ? どんなルアーをどう操作したらそのレンジで口を使ってもらえるんだ?…とまぁ、一年の中で一番謎の多い状況です。

魚探があればある程度目安が生まれるのかなぁ……(どうなんだろ? 取り敢えず欲しい…w)

アレコレ疑問は尽きませんが、今すぐ魚探を購入することは(当然)できないので、取り敢えず更に水温が落ちた時の底ベタコンディションを楽しみにすることとします^^

今日よりもメタルで釣り易い状況に今後は期待です(´ω`人)

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

Posted on 2016/11/26 Sat. 21:13 [edit]

category: 相模湖

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 相模湖  メタルバイブ 
tb: --   cm: 2

R-18小説:妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ更新!  

本日幻創文庫にて小説が更新されました!

奇譚×官能の連続短編小説、『妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ』です。

今回更新は『船上、一幕見 中編』――スケベだらけで、正直試し読みの為の本文抜粋がやりにくいったらないです。笑


≪船上、一幕見 中編 試し読み↓≫
レディの溶けた声は耳元に囁くよう。下からは絶頂も間近の激しい喘ぎ声が――二人の声が甘い蜜であるかに溶け合って彼の耳に忍び込んでくる。
 嗚呼、これ程男の本能を満たす音色が他にあるだろうか――否、と今の虚穴坊なら断言することであろう。
 音だけではない。匂いも、触れた心地も、質を異にする二人分の官能は混ざり合い、彼の意識を遠い異界の地に飛ばすかの心地して、ただただ淫獣の性ばかりが掘り返されてゆく。だからそう、もっと、もっと――
 常習性の強い麻薬にも似て、より激しい衝動へと彼を駆り立ててゆく。腰は姫の腰打ち壊すかに強く、〇〇を弄っていた中指は深く壺の奥へと――二人の声も一際大きく跳ね上がった。

続きはこちら→船上、一幕見 中編

前編はこちら→船上、一幕見 前編

シリーズ一覧はこちら→妖・密事シリーズ
(当作品は官能小説です☆18歳未満の方はご遠慮下さい☆)

後編の更新は11月28日を予定しています。どうぞよろしく^^


にほんブログ村

Posted on 2016/11/24 Thu. 21:16 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 官能小説 
tb: --   cm: 2

相模湖 バス釣り~GCザリメタル&ピアスダブルであいつが連発ww  

2016.11.21の相模湖釣行記事です。
20161121sagami.jpg
秋もだーいぶ深まってまいりました。

天気は曇りのち雨と冴えない感じでしたが、風に舞って水面に落ちる銀杏が綺麗でした^^
釣りには邪魔になっちゃうんだけどね…)


―☆取り敢えず鉄板、リフト&フォール☆―

本日は竿2本、ベイトフィネス10lb(ML/メタルバイブ用)&スピニングPE0.8(ML/ダウンショット用)で冬仕様です。

取り敢えず鉄板でサーチしつつ、ピンスポットや発見した沈みモノにはダウンショットという定番の作戦ですね。

7:30頃に一匹目↓
20161121nigoi3.jpg
はい、二ゴイー。

やっぱりコイツでした……アタッた瞬間は超嬉しいんですけどね、寄せてくると後半ツルーっと上がって来ちゃう感じが悲しい。笑

でも、魚の活性はそれなりにあるのかなぁ…――とポジティブに考えてその後もキープキャスト。

12:00頃にバイト有り――お、ちょっとバスっぽい引きじゃない? と思ったんですが……↓
20161121nigoi2.jpg
はい、また二ゴイ―。

どこがバスっぽい引きだったんでしょうね?笑

まぁ大丈夫、まだまだ時間あるし……再びキープキャスト。

13:00頃に同じポイントでバイト――三度目の正直で今度こそ……↓
20161121nigoi1.jpg
…………………にごいー…

何気に一匹目から順調にサイズUPしてました。ww

違う……バスが釣りたいのに><;

その後バイトが遠のきタイムアップ。

本日の釣りは二ゴイ3匹で終了してしまいました。
(まぁ、何も釣れないよりは断然嬉しいんですけれどね。笑)


―☆総括☆―

新しく鉄板に装着したRYUGIピアスダブルの掛かりの良さはちょっぴり実感できたように思います^^

二ゴイってバスより口柔らかそうだし、バスを釣ってない以上は「良い」と断言できないんですけれど……

でも、メタルバイブってバラシ易いルアーの一つなだけに、今日みたいに全バイトをキャッチするのって今までだったら難しかった気がします。

だから取り敢えず、今年の冬バス対策に期待大のフック、と言うことで♪

あ、結局ダウンショットはほとんどやりませんでした><;

やってたらバスも釣れてただろうか……


にほんブログ村

Posted on 2016/11/21 Mon. 21:17 [edit]

category: 相模湖

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 釣り  メタルバイブ  相模湖 
tb: --   cm: 6

R-18小説:妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ更新!  

本日幻創文庫にて小説が更新されました!

奇譚×官能の連続短編小説『妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ』です。

今回の副題は『船上、一幕見』―― 一幕見とは、劇場で、数幕上演しているうちの一幕だけを見ること……異界を渡る不思議の船、ナロニック号で起きた一幕を読んでいただけたらと思います^^

本日更新作≪船上、一幕見 前編 試し読み≫↓
 八岐(やまた)と申す異界に御座すは神話の刀鍛冶、天津麻羅大蛇(あまつまらおろち)――彼の打った鉄刀を欲した木姫はその対価にナロニックの船魂、レディ・ウィンセルを(無理矢理に)差し出した。
 レディは三日三晩の間大蛇の餌として精気を吸われ続け、刀の完成に一役買うも、役を終えれば足腰立たぬ弱り切った有様で――ナロニックが『芒』に戻る為再度出航するには一週間の休養が必要であった。そう、船を動かす彼女の回復を待ったのである。

 さて、今回読書氏諸君には、レディが完全に回復して後、出航までの間に船上で起きた一幕を語りたい。
 好色極まったレディ・ウィンセルと云えど、大蛇とのあのような経験を経て、これまでと変わらずに男女見境ない生活を送れるだろうか? いいや、それは考えずらい――とは、これ誰かが思うところ。その誰かならばこう考えるに違いない――流石の彼女も「好き勝手にやってきた、その報いが遂に訪れたのだ」と反省するに至ったのではなかろうか――と。
 ところが実際はさに非ず。性に対し「ヒカヌ、メゲヌ、カエリミヌ」と揃った三拍子は健在で、回復して早々に、彼女、船魂、レディ・ウィンセルは、その気だるげな態度、言葉とは裏腹な情熱でもってして、木姫に詰め寄ったのであった。

続きはこちら→船上、一幕見 前編

シリーズ一覧はこちら→妖・密事シリーズ
(当作品は官能小説です☆18歳未満の方はご遠慮ください☆)

そろそろこのシリーズも完結が近いのですが、最後のお話には官能パートを捻じ込めない気がしています。

なので今回は二話分、いや、三話分の官能を盛り込んだつもりです。笑

是非ご賞味あれ(=゚ω゚)ノ

ちなみに、『船上、一幕見』は前・中・後編と三回に分けて更新予定です。

次回更新は11/24(木曜日)。またブログにてご報告致します。


にほんブログ村

Posted on 2016/11/18 Fri. 18:38 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 官能小説 
tb: --   cm: 2

野池 バス釣り~2016.11.15② 鉄板気分のはずが……ブーストでコバスゲット^^  

2016.11.15オカッパリ釣行記事の②になります。

①の記事はこちら→荒川 バス釣り~2016.11.15① 寝坊したけれど…&プロップベイト的イメージの話
20161115Hway.jpg
13時頃に一度ストップフィッシング――河川からいつもの野池に向かいました^^

気分は鉄板をシャクって一発デカいのを!って感じだったのですが……はてさて↓


―☆なんかシャローにめっちゃバスいる…☆―

鉄板BOXだけ鞄に詰めていざスタートした野池釣り

最初は6gザリメタルをベイトフィネスタックルでブンブン沖に投げていたのですが、ちょこっと歩いてみたら……何だか思ってたのと様子が違う。笑

岸際のシャローでアベレージ君達がウロウロしてるじゃありませんかw

こう、もっと気配の無い、冬っぽいコンディションを想像していたので吃驚でした。

すっごい秋な感じ^^水の色も良い感じで、ひょっとしたら昨晩の雨は比較的暖かかったのかもしれません。

なので、シャクるより巻いた方が釣れそうだぞ……ってことでスクールの進行方向へメタルをキャスト――竿を立てて表層付近を巻いてみました。

これがもう全然駄目……メタルの波動を察知するとプイッとそっぽ向いて逃げてっちゃう。

何度か試したのですが、メタルじゃどうも水押しが強すぎて嫌われちゃう様子でした(´д⊂)


―☆ルアーチェンジ!鉄板ではなくプラスチックに!☆―

最初に思いついた次の一手はシャッドプラグ――細いシルエットとタイトなアクションならどうかな?って気がしたのですが、でも、車に戻るのはちょい面倒だし……w

で、鉄板BOXの中に一個だけ、鉄板ではないコイツを発見↓
LVB008_ice-back.jpg
レベルバイブブーストの11g!

このルアー、メタルバイブ同様にストンとボトムまで落ちてくれるのですが、アクションがタイトで立ち上がりがすごくイイんです。

サイズ感もちょうど良くて、シャッドじゃないけどこれなら釣れるかも^^

試しに岸際をトレースしてみると――いきなりヘラ台の下から飛び出てきました↓
2016111524.jpg
うおぉ、小さいのにめちゃめちゃイイ食い方w

思い付いたシャッドよりハマっているかもヽ(≧∀≦)ノ

更に岸際を流していくともう一匹↓
2016111527.jpg
また小っちゃいけどこりゃ楽しいです♪

―☆タックルデータ☆―
ロッド:DAIWA BLACK LABEL+661MLFB
リール:DAIWA SS AIR 8.1R
ライン:Seaguarフロロハンター10lb
ルアー:LEVEL VIB BOOST11g
―――――――――――

後半の釣りはこの二匹で終了。沖も狙ってみましたが当たらず、サイズUPはならずでした~><


―☆総括☆―

バイブレーションって面白いなぁと改めて感じた気がしました。

今日使ったブーストは良く飛んでボトムへの到達が早いのに、タイトアクションで軽く巻けるなんて――凄く面白いバランスな気がしますw

これからやってくる冬にも活躍してくれそうで楽しみです♪


にほんブログ村

Posted on 2016/11/17 Thu. 02:01 [edit]

category: 野池

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 釣り  バイブレーション  野池 
tb: --   cm: 6

荒川 バス釣り~2016.11.15① 寝坊したけれど…&プロップベイト的イメージの話  

2016.11.15の釣行記事①です。

前半と後半でフィールドを変えたので2回に分けて書こうと思います^^

良く晴れて気持ちの良い一日でした♪


―☆前半戦は荒川の温排水エリアへ☆―

寝坊して現地到着が9時30分……朝マヅメもすっかり終わった頃合いですね><;

昨晩の雨の影響やプレッシャーの度合いなど色々気になるところでしたが、見れば水はいつも通り、人は少な目でした。

こんな時ばかりはハズレた天気予報に感謝^^当初は昼過ぎまで雨予報でしたから、川釣りは控えた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

まずは温水の流れだすクリークへダウンショットを投入――六投目くらいに抑え込みバイト!
2016111536.jpg
コンディション良好な36㎝のスモール(」*´∇`)」 幸先良しです♪

☆――――――――――☆
ロッド:DAIWA BLACK LABEL 631ULFS
リール:DAIWA FREAMS 2004H
ライン:Seaguar R18 BASS4lb
ルアー:2.5"LEG WORM+INFINIhobbit#3+タングステンドロップシンカー2.6g(ダウンショットリグ)
☆――――――――――☆


―☆ダウンショットリグなのにイメージはプロップベイト☆―

基本的に護岸くらいしかストラクチャーが無いんですよね。(沈みモノも無さそうです…)

だから対岸にキャストするか、足元を釣るか、そのどちらかになると思います。

僕の場合は適度に流れの影響を受ける重さのシンカーで対岸を打ち、ドリフトさせながらボトムを叩き続けます。

護岸から離れれば離れるほど(追い込む要素が無くなり)バスは口を使わなくなりますが、流れに負けながら泳がすことで『まわりに何にも無いけど(少し壁から離れちゃうけど)、あいつは食えそうだな…』と感じさせる(させたい!w)わけです。弱った小魚のイメージですね。(勿論、護岸から離れ過ぎれば意味も無く、そもそもルアーに気付いてもらえなくなるのでピックアップは早目。)
イメージ

これ、リザーバーの上流等でやるような、流れを横切るように引くプロップベイトと似たイメージじゃありませんか?笑

じゃあ初めからシンキングのプロップ投げた方が早いって話なんですが、たぶん、それだと外道の引っかけ釣り祭りになっちゃうんですよね。温排水ならではの状況です><;



――とまぁ、珍しくイメージの話をしてみたんですが、僕のイメージは基本的にラージが対象になっています。

釣れてるのはスモールだし、スモールが対象ならストラクチャーうんぬんはそこまで関係無かったりするんでしょうか??w

スモールに詳しい方いらっしゃいましたら教えてもらいたいです><


―☆シャローへ移動し追加♪☆―

干潮のタイミングでシャローエリアへin――したんですが、今日はボイル激少な目。

じっくり観察してみるとバスのスクールもいるにはいるのですが、なんだかコバスばっかりでした(´・_・`)

取り敢えずリグも変えずにミエバスへそのままキャスト――↓
2016111525.jpg
着水音に寄って来たので鼻先でシャクったらリアクションで食ってくれました^^

22~23㎝くらいかな? レッグワームのレッグが口から生えてますねw


―☆鉄板!鉄板をシャクりたいっ!って気分になったので大移動☆―

13時頃に一度納竿しいざ野池へ。
20161115Hway.jpg
続きはまた次回に書きます^^



にほんブログ村

Posted on 2016/11/15 Tue. 21:58 [edit]

category: 河川

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 釣り  ダウンショット  荒川 
tb: --   cm: 2

相模湖 バス釣り~雨天強行で冬の釣り  

2016.11.11の相模湖単独釣行記事です。

木枯らしが吹いてだいぶ冬っぽい気候になってまいりました。

相模湖の表水温も13℃――(たぶん→)激しい増減水にヤラれてここのところ渋い相模湖ですが、どうやら秋らしい活性を回復することなく冬に突入してしまいそうな気配が漂っています……><;

しかも今日は冷たい雨。

果たして低気圧の恩恵はあるんだろか……↓


―☆低気圧の恩恵? なにそれ?☆―
20161111sagamiAME.jpg
ざんざん降りしきる中柴田ボートさんから出船――寒い……寒すぎる……

魚っ気も全然無いし、低気圧が喜ばれる季節は完全に終わった気がしました。

取り敢えずメタルバイブで少しでも雰囲気のあるポイントを探し、本湖をウロウロ――国道下、青田、ねん坂、丸山と、岬巡りですが珍しく一周回り切った感じです。

唯一生命感を感じたのは名前の無さそうなポイントなのですが、カレントの影響がほぼ無く、バンク沿いから水深もある、そんな場所でした。

風が直接当たらないことも好条件だった様子で、そこでだけちっちゃなベイトも目視できました。


―☆isseiザリメタル6gにバイト!☆―

上記のポイントでザリメタルをシャクっていたら「ん? 根掛かり??」的なアタリが!

前に走ってきていてアワセが甘かったのか、ハンドランディング寸前でバラシ……30㎝前後のバス…貴重な一匹をバラして帰りたくなりました。寒いし…


―☆時間を置いて入りなおす☆―

帰りたくなっても続行! さらにあっちこちウロウロしてシャクり続けたのですが、(自分にとって)この日可能性を感じたのはやはり上記のポイントだけ――ということで15時頃に入りなおしました。

今度はダウンショットリグ!

普段はかなり横移動を意識してボトムを叩くのですが、スタックしたら一点シェイク&放置も混ぜてゆっくり、じっくり…

寒い中シェイクし続けると肩懲りますよね。

でも、それが功を奏したのか(どうなのか?)
2016111126.jpg
うおぉ、小っちゃいけど釣れた!なんか報われた!

すっかり真冬気分で釣りしていたので喜びも冬級です。w

―☆タックルデータ☆―
ロッド:Abu Garcia HornetStinger 652ML MGS MiddleRig
リール:Daiwa FREAMS2506
ライン:Rapala Rapinova-X MultiColor0.8号+Seaguarフロロハンター8lb
ルアー:OSP HPShadtail2.5+INFINIhobbit#3+タングステンドロップシンカー3.5g(ダウンショットリグ)
―――――――――――


―☆総括☆―

鉄板&ダウンショットは最早冬の定番と言っても過言ではない組み合わせですよね。

(まだ晩秋って時期ですが)今回はコレで一本捻り出すのが精一杯でした。

あー疲れた。

冬はもっと寒いしもっと釣れないだろうし、ボートで広いフィールドに一人で出てそんな状況じゃなかなかやり切れないですよ。

次は友達誘ってシャクろうと思いました^^

それにしても最初のバイトは取りたかったなぁ……

バラシの反省をしつつ、ちょうどRYUGIから新しいフックが発売されたので付けてみました↓
zarimetal.jpg
ピアスダブルTCコート!

ザリメタル9gはリアフックをコイツに…6gはセットする穴を変えてコイツ一本にチューン^^

掛けたい!でも根掛かり減らしたい!という矛盾した欲求の結果の6gです。笑

こいつで次回はバシッと掛けられたらいいなぁ…

あ、ブレーディングXはそのままでいじってませんw


にほんブログ村

Posted on 2016/11/12 Sat. 00:05 [edit]

category: 相模湖

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 相模湖  釣り  ダウンショット  メタルバイブ 
tb: --   cm: 6

FC2カウンター

プロフィール

カテゴリ

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング(小説)

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード