夢月亭~下手の横好き~

夢月亭清修の小説&バス釣りブログ♪小説の更新情報・小説・釣行記録・その他諸々掲載してます★

相模湖 バス釣り~新タックルが使いたい!  

本日は相模湖釣行でした^^

目的は『新タックル入魂&取り敢えず使い倒したい!』です。

前回相模湖に来た時に誤ってロッドを一本湖底に沈めてしまって……その埋め合わせに購入したBLACK LABEL+6101MHFB と ZILLION SV TW1016SV-H ←これで巻く釣りも打つ釣りもやってみましたよー!


―☆朝は巻く釣りでスタート☆―

今年は台風が多くて雨&濁りのフィールドに立つことが多くなっている気がします。

本日の相模湖も漏れなく濁り入り。そして浮きゴミ多数。

見るだけで釣れるか心配になっちゃう雰囲気でしたが、水温も外気温も秋らしくなってきたので迷わずスピナーベイトでスタート!

開始5分で幸先良く一匹目をゲットしました♪
092429.jpg
アベレージ君ですが、これで新タックルに入魂完了!

なかなか激しいバイトだったので見かけによらずフィールドは高活性!?これは今日一日期待できるかも^^…と思ったのですが後が続かず。笑

運良く食い気のあるバスと出くわしただけだったのか、その後クランクベイト等試しましたが巻物で釣れたのはこれ一匹だけでした><;


―☆ネコリグ先輩にHIT!取り敢えず真似する。笑☆―

巻物でバンクを流していましたが前述の通り反応無し……そろそろルアー変えようかなぁなんて思っていたら、一緒に来ていた会社の先輩NにHIT!
0924N.jpg
↑なんでか今日の相模湖は霧が凄かった><;

先輩Nはネコリグが大好きでネコリグばかり投げています。(投げるルアーの8割がネコリグですw)

勿論この一匹もネコリグで。笑

これを見てボトムの方が反応良さ気~と思い僕もワームを入れてみることに――リグまで真似するのもなぁ…ってことでダウンショットにしました。

で――今日一をゲット^^
092435.jpg
35㎝をできるだけ大きく見せようとしている図↑笑

良く引いてくれました♪


―☆昼から強風と土砂降り……萎える…でも☆―

雨風強すぎて一時は早上がりも検討しましたが、休憩後サイズアップを諦めきれずに再度出船しました。

本湖のワンドを出たり入ったりしながら7gテキサスでシャロー・ディープ・カバー・何でも打って打って粘々。

隣ではネコリグ先輩がネコリグでアベレージを連発させていましたが、こちらはサイズだけを期待してひたすらテキサステキサス、Taxas!

夕方頃に待望のバイト!ラインが横に走ったので思い切りアワセを入れました――ら↓
092430.jpg
すぽーんと水面に飛び出た30㎝。笑

サイズUPならず……そのままタイムアップとなりボート屋桟橋に帰着しました。

ネコリグやればよかった!


―☆総括☆―

大きい魚は捕れませんでしたが、新しいタックルは十分試せたかなぁと思います^^

竿自体はやはりパワーがあって打ちモノに特化した使用感ですが、本来Mロッドでやるような軽めのプラグもジリオンのSVスプールで投げれるのを確認!自分のイメージ通り広く使えそうな一本でした。

巻物でバラシが多いようならまた色々と考えなくてはいけませんが、取り敢えずこの一本を(湖底に沈めないよう)重宝したいと思います♪

本日のタックル↓
――-――――――――
ロッド:DAIWA BLACK LABEL+6101MHFB
リール:DAIWA ZILLION SV TW1016SV-H
ライン:Seaguar R-18BASS 16lb
ルアー①:OSP High Pitcher3/8oz+DoliveStick3+TNトレーラーフック#2
ルアー②:OSP DoliveShrimp4.8+LIMIT3/0+タングステンバレットシンカー7g(テキサスリグ)
―――――――――――
ロッド:DAIWA BLACK LABEL+661MLFB
リール:DAIWA SS AIR 8.1R
ライン:Seaguarフロロハンター10lb
ルアー:OSP HPShadtail3.1++GamakatsuTWGワーム322#2+タングステンドロップシンカー3.5g(ダウンショットリグ)
―――――――――――


にほんブログ村

Posted on 2016/09/24 Sat. 23:07 [edit]

category: 相模湖

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 相模湖  テキサス  スピナーベイト 
tb: --   cm: 4

野池 バス釣り~ハイプレ野池は悪天候が◎かも!  

本日は珍しく仕事が早く終わりました^^

真夏の高水温も寛解してきた頃合いだし――台風前の低気圧・一日雨降り………ということで、釣りへ。笑

家から比較的近場の埼玉県日高市某野池に久々の釣行です。


―☆池の規模に対し釣り人が多いハイプレ場こそ悪天候の日に☆―

コレ↑今回のテーマというか、ずっと悪天候の日に時間が空くのを待ってたんですよ。

というのも、今日行ってきた野池はとにかくハイプレッシャーな場所なんです。

一周徒歩四分の規模で、全体的に足場も良く、平日週末問わず釣り人が絶えない……でもしかし――

『今年は40㎝以上の魚が複数匹いる当たり年のはず!』

去年の秋に35~38㎝のバスが数日の間にぽろぽろ釣れた経験があって、それまでの数年この池で30UPって言えば結構貴重な存在だったと思います。

それがいつの間にか増えていたみたい――なら来年は………(←とまぁ、こんな風に去年の自分は想像していましたw)

ですが前述の通り小規模過ぎるゆえ、育てば育つほど釣られた経験も蓄積されているはず……警戒心の強い大型のバスが簡単に口を使ってくれないのは当然のことで、ましてや自分の腕でスレバスを捕れるとは思えません。(←自分がこの野池から感じるネガティブな妄想です……)

だからこそ悪天候!

急な水質の変化は-要素かもしれませんが、低気圧は魚の活性に対して+、その瞬間の人的プレッシャー減で+、雨によってできる波紋は警戒心を薄れさせるのに+(オーバーハングの下で魚が浮く、風で波立った時間を利用して捕食行動を取る、といった事と同じイメージです)――と、悪天候、割と良いことだらけじゃないですかw

というわけでして、今日がそのチャンスに違いない!と思って行ってきました!


―☆その結果は……☆―

三時半に現場に着いて釣り開始!

このフィールドでは去年の成功例であるHPシャッドテール2.5のダウンショットリグ、巻き続けるボトスト系のアクションで全体的にサーチしてみました。

岸際、インレット、レイダウン、浅い場所、深い場所、そしてアウトレットと、歩きながら何でも探ってみる!と――取り敢えず15㎝くらいの小バスがちらほら釣れました^^;ギルバイトもそれなりに……まぁ活性はそれなりにある、という手応え…(あれ、大きい奴は一体どこに!?w)

雲掛かった9月、暗くなるのはあっと言う間です。

五時半を回った頃にはラインも見えない薄暗さ……嗚呼、今日は小バスのみで終わってしまうのか……びしょ濡れになってまで頑張ったのに……と、凹みながら諦めるか否かを考えている時間って本当に切ないです。

この切ない時間を30分程キャストしながら続けていました。笑

六時ごろにはもう真っ暗――でも、こういう諦めの悪さが久しぶりに実りましたよ^^

インレット側のシャローでグンッと竿を持っていくバイト!

ハンドランディングの為にヘラ台まで慎重に持って行きキャッチ!
091940.jpg
40㎝ジャスト(∩゚∀゚)∩

ギリギリですが、本当に大台に乗る個体が出たw

とても嬉しかったです。釣れたこと、ファイトを楽しめたことは勿論嬉しいのですが、バス釣りを始めた頃から知っているフィールドなだけに、その場所でしっかりバスが育っていることを確認できたような気がして嬉しかった><(叩く側がこう言うのも変でしょうか?w)

この池でこんなにコンディションのイイ魚を見たのも久しぶりでした。
―☆タックルデータ☆―
ロッド:Abu Garcia HornetStinger 652ML MGS MiddleRig
リール:Daiwa FREAMS2506
ライン:Rapala Rapinova-X MultiColor0.8号+Seaguarフロロハンター8lb
ルアー:OSP HPShadtail2.5+INFINIhobbit#6+タングステンドロップシンカー2.6g(ダウンショットリグ)
―――――――――――


―☆総括!☆―

なんだか悪天候での釣りを勧めるようなブログになってしまいましたが、『悪天候=釣れる』というのもあくまで結果論かもしれません。

安全第一、人身優先、台風直撃日等は釣りするのを避けて家でのんびり、バス釣りの動画でも見ながらイメトレに励むのがイイと思います^^


にほんブログ村

Posted on 2016/09/19 Mon. 23:10 [edit]

category: 野池

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 野池  釣り  ダウンショット 
tb: --   cm: 6

相模湖 バス釣り~2016.09.14釣行② 『まだ残る夏パターン』  

0914kamo.jpg
2016.09.14、相模湖釣行記事のその②です。

竿を沈して激凹み……からのキロUPでテンションが持ち直してきた!からの続きになります↓笑


―☆古沢さんありがとう!(一方的な感謝)☆―

そういえばオイルフェンス付近で古沢勝利プロらしい方をお見受けました。

かなり遠目からだったので違うかもですが、カメラマンを乗せていたのでたぶん………

古沢さんと言えばビッグバド!ですが、僕にとって一番印象深いのはDVD『日本10名湖 相模湖・津久井湖編』でナビゲーターと実釣をされている御姿でして――揚沢ワンドを出たところで内容を思い出したんですよね。

『あ、そういえばここのポイント、古沢さん紹介してたなぁ…』って。

あんまり手を付けたことの無いポイントだったのですが、今日は調子いいし、ひょっとしてイイの出ちゃうかも!?と期待してダウンショットをキャスト。

垂直岩盤に小さなレイダウンが絡む場所があって、そこをしつこく攻めたらHITしました!↓
091436.jpg
36㎝!710g!

古沢さん、良型をありがとうございます!!
―☆タックルデータ☆―
ロッド:Abu Garcia HornetStinger 652ML MGS MiddleRig
リール:Daiwa FREAMS2506
ライン:Rapala Rapinova-X MultiColor0.6号+Seaguarフロロハンター8lb
ルアー:KEITECH SwingImpact2.5+GamakatsuTWGワーム322#2+タングステンドロップシンカー2.6g(ダウンショットリグ)
―――――――――――


―☆夕マヅメは夏パターン☆―

三時過ぎには雲が何処かへいってしまって夏の日差し……反応の無い時間も続いてヘトヘトでしたが、夕方五時頃には勝瀬橋付近に戻ってラスト一時間頑張ってみることに。

ボイルもあって活性は高そうでしたが、なぜか朝のように巻物には反応してくれませんでした。

結構暑くなっちゃったし夏系かな? 表層付近でフィネスするならやっぱりノーシンカーかなぁ…と思って、ドライブクローラー3.5のフリーフォールであれこれ狙ってみることに――

あれですよね、表層でボイルしたいバスって周りにベイトさえいれば物凄くしょぼいストラクチャーにもステイしますよね。笑

普段なら絶対に付かない小っちゃい流木とか……隠れ切れてないけどソコでタイミングを伺っているというかw

そういうの狙って細かく打っていったらHIT→したんですが35㎝くらいをバラシ。

やっちゃったなぁ…と思っていたら近くのオイルフェンス沿いにミエバス発見!近くに投げたらワーム目掛けて一直線でした^^
091430.jpg
長さ未計測。555gを追加^^

ラスト一時間はこのサイズが3本釣れて大満足でした♪
☆――――――――――☆
ロッド:DAIWA BLACK LABEL 631ULFS
リール:DAIWA FREAMS 2004H
ライン:Seaguar R18 BASS4lb
ルアー:OSP DoliveCrawler3.5+FogShotTC#6(ノーシンカーリグ)
☆――――――――――☆


―☆反省しつつ釣具屋へ☆―

結果、上三本で2330g、五本で3470g――今日は超楽しかったです。

反省するところは一点だけですよ!沈した竿のことだけですよ!

あの見えなくなっていく姿が目に焼き付いている……嗚呼っ……

でもやっちゃったことは仕方が無いですよね。反省しつつ……
0914zirion.jpg
その日のうちにNEWタックルを購入!!

ブラックレーベル+とジリオンSV(∩゚∀゚)∩

いやいや、仕方が無いじゃないですか僕はベイトのMロッドって使わないんで持ってないんですつまりMH無いとどうしようもないんです!

って、何だか言い訳したくなる罪悪感を購入後に覚えました。笑

ええぃ!罪悪感など辛さで誤魔化せば良し!↓
0914men.jpg
――――――辛すぎた……(っД`)シクシク


にほんブログ村

Posted on 2016/09/16 Fri. 02:01 [edit]

category: 相模湖

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 相模湖  釣り  ノーシンカー  ダウンショット 
tb: --   cm: 8

相模湖 バス釣り~2016.09.14釣行① 『秋開幕か!?』  

0914sagami.jpg
2016.09.14の相模湖釣行記事①です。

前回は浮き物×ノーシンカーの釣りでなんとか魚を手にしましたが、あれから四日後の相模湖――そろそろ秋の雰囲気を感じたいところ……。

ボートのレンタルは柴田ボートさん。若干の寝坊で朝6時に出船しました。


―☆朝マヅメ、浮き物は不発…でも!☆―

前回の成功パターンからスタートしましたがノーバイト。

見ると本湖方面は一時減ったアオコがまた増えてきた様子でした。沖の表層にベイト感も無いし、今日は違う方法を探さないとダメなようです。

そんなわけで期待を胸にwスピナーベイトで勝瀬橋付近を探ることに――コレが早々にHIT!
091428.jpg
28㎝、365gのアベレージ君。

いやいや、アベレージとはいえ久しぶりのスピナーベイトでGETは嬉しいってば!秋の気配感じる感じる!
―☆タックルデータ☆―
ロッド:Daiwa TATULA 662MHFB
リール:Daiwa TATULA HLC 7.3R-TW
ライン:Seaguarフロロハンター14lb
ルアー:DSTYLE D-SPIKER(アユ)
―――――――――――

ルアーは最近購入したDスパイカー。

可動式のアッパーアームで常に回り続けるブレードが特徴という事で、さて、使い心地はどんなだろう……と思っている間に釣れてしまった!

謳い文句通り、カーブフォール中も常にブレードの回転が手元に伝わってきて良い感じです。

アシストフックを付けるとたまにブレードと絡んでしまいますが気にならない程度。この秋はかなり多用してしまいそうです^^

ともあれこれは秋到来か!? シャローでソウルシャッド52SPを巻いてみると、似たようなアベレージ君が2匹釣れました♪

巻きスピードはソウルにしては遅めの使い方――目覚めたばかりの秋!って感じでした。


―☆珍事発生・激凹み☆―

朝マヅメも過ぎた頃合いでスピニングに別のリグをセッティング中、風で流されたボートがオイルフェンスに衝突。

気にせず作業していたのですが、ぼちゃん――という音で振り返ってみると竿が一本無いっ!?

なんと、先ほどまで使用していた上記のMHロッドが水の中に!

慌てて手を伸ばしましたが時すでに遅く、タトゥーラセットがゆっくりと湖底に沈んで見えなくなりました……。

どうにか取り戻そうとバイブレーションをしゃくったのですが、結果バイブレーションを更に根掛かりでロスト……やっていられない…。


―☆それでも時間あるし…☆―

傷心ですが釣りは続行!まだ九時間はボート借りれるものっ!

大きい魚を釣りたくて近頃意識している『いつもよりストロングな釣り』――は一切が封じられ、手元に残った戦力がベイトフィネスML、スピニングPEのML、スピニングULの三本でした。

巻物への反応も消えたし、もう開き直って『いつもよりよりフィネスな釣り』をするしかない!と自棄気味に考え、PEのMLにダウンショットをセット。

意地でもキロUP取ってやる!と意気込んで勝瀬橋上流を上っていきました。

天気予報では雨模様だったのに、どんどん空が晴れて来て嫌な感じ……低気圧パワーの恩恵を受けたかったのですが――でも、なんだかんだでレイダウンでHIT!
091432.jpg
32㎝、長さの割に重い600gのありがたいキーパー。

良く引いてくれたので本当に慰められました。笑

そしてなんと、隣のレイダウンでさらにHIT!
091440.jpg
09141015.jpg
40㎝!1015g!本当にキロきたーヽ(∀`ヽ●)(ノ●´∀)ノ

ワームはケイテックのスイングインパクト2.5――いつもOSPのHPシャッドテールを使っていたんですが、これ似てるなぁ、安いなぁ…と思って試しに買ってみたやつでした。

全然違和感無いというか、たぶんHPの方が後発品なんですがこっちを使ったことが無かったんですよね。

他にも似たのだとゲーリーのレッグワームが有名ですが、テールの薄さ・細さはケイテックが一番ですね!自発的なアクションのレスポンスがイイので軽いシンカーや小さなアクションでもテールを派手に動かしてくれます。

逆に一番太いレッグワームは動くことと止まることのメリハリが効いていて、これはこれで良い感じ。太い分水押しも強そう。

HPシャッドテールはその中間でしょうか。

考えるとどれが一番とは一概に言えない感じです……でも、どれも釣れます。笑

僕は今回気に入ったのでしばらくケイテック使ってみようかなぁと思いました^^
―☆タックルデータ☆―
ロッド:Abu Garcia HornetStinger 652ML MGS MiddleRig
リール:Daiwa FREAMS2506
ライン:Rapala Rapinova-X MultiColor0.6号+Seaguarフロロハンター8lb
ルアー:KEITECH SwingImpact2.5+GamakatsuTWGワーム322#2+タングステンドロップシンカー2.6g(ダウンショットリグ)
―――――――――――
0914SWINP3.jpg

あー、久しぶりの40は本当に嬉しかったです。

でも、50を釣るためには何か足りない気がする……という感覚は拭えません。

やはりもう少しストロングな……いや、今は竿からして足りていませんでしたね。笑

今回の記事は長くなるので次回に続きます!ありがとうございました^^


にほんブログ村

Posted on 2016/09/15 Thu. 00:05 [edit]

category: 相模湖

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 釣り  相模湖  スピナーベイト  ダウンショット 
tb: --   cm: 8

相模湖 バス釣り~残暑どころかまだ夏…浮き物とドライブクローラー。  

9月10日(土)は相模湖単独釣行でした!

ボートのレンタルは柴田ボートさん。朝5時出船です。

今日はいつもよりストロングな釣りがしたいっ!と意気込んでいましたが、さてさて、その結果は……w


☆朝一、秋も意識してスピナーベイト巻いてみようか、でも…☆

ベイトタックルにスピナベをセットしつつ、しかしどうにも沖の表層にベイトっ気がある……水質も悪くない……という感じでちょい沖にある浮き物が打ちたくなっちゃってウズウズ。

いきなり予定変更するのもなぁ…なんて迷いつつ、取り敢えず近場の浮き物際にノーシンカーワームを落としてみました。

すると一投目からHIT!27㎝くらいのアベレージ君でしたが――あれ? これなら沖の浮き物やっぱ狙い目じゃない?笑

ということで路線変更しいざ沖へ――2投目はワームのピックアップ時に浮き物の下からチェイスあり。結構大きい。

沖浮き、これは本気で期待できそう(∩´∀`)∩

表層直下をシェイクしながらゆっくり巻いてみると、今度はバッチリ引っ手繰っていきました!
0910355.jpg
35.5㎝!口は小さいけど結構なマッスル体型。
0910825.jpg
長さの割にそこそこ重めな825g。40あるかと思ったくらいナイスファイトでした^^
☆――――――――――☆
ロッド:DAIWA BLACK LABEL 631ULFS
リール:DAIWA FREAMS 2004H
ライン:Seaguarフロロハンター4lb
ルアー:OSP DoliveCrawler3.5+FogShotTC#6(ノーシンカーリグ)
☆――――――――――☆


☆日中は沈黙…なぜか激渋…☆

本湖を北岸から一号区手前まで、ゆっくり釣り下りましたがノーバイトでした。

『いつもよりストロング』を意識してテキサスリグ14gでゴミ溜まりを打って不発。ヘビダン×ちょいディープも不発。スピナベ駄目。初めて使ってみたギル系フラットワームのライトテキサスもやっぱり駄目…。

日中だろうとこんなに無反応が長く続くのも珍しい……水の中は季節の変わり目まっただ中なのか?

水の外は死ぬほど暑かったです。日陰から出たくなくなってそのまま昼寝しました><;


☆夕方はやっぱり浮き物!☆

折れかかった心で朝一の成功例に縋る夕マヅメ……笑

でも、これがなんでか、やはり釣れる!
091029.jpg
29㎝、375g。

朝より濁りが入ったせいかサイズダウンですが、このくらいのアベレージやコバスがポンポン釣れました。

活性が高いんだか低いんだかw
091031.jpg
31㎝。お腹に鳥にやられたらしい大きな傷があって、若干内臓が見えていて吃驚しました。

それでもガンガン引いてくれるのだから、魚って凄い……
0910415.jpg
この一匹は415g。

計った三匹の計は1615g――こんな複数匹にもう一本キロUPを加えるのが最近の目標なのですが、やはり肝心のキロがなかなか釣れません。

その為に『いつもよりストロング』とか考えてるのに……あらら、気が付けば本日の釣果は全てノーシンカーワームでの結果でした。笑

バス釣りはムズ面白いです^^


にほんブログ村

Posted on 2016/09/12 Mon. 03:25 [edit]

category: 相模湖

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 相模湖  釣り  ノーシンカー 
tb: --   cm: 6

R-18小説:妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ更新!  

本日幻創文庫にて小説の更新です!

奇譚×官能の連続短編『妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ』の副題『壺中天の宴Ⅵ』になります。

壺中天の宴は今回が最後。

続編は現在鋭意制作中です!

≪本日更新作『壺中天の宴Ⅵ』試し読み↓≫
「御嬢さん、大丈夫かしら……」
 昨日散々世話になった令嬢のことである。正信に運ばれて、それから姿を見ていない。
 明美は宴の最中に聞き及んでいた令嬢の部屋を目指した。
 長い廊下を渡り、目的の角部屋へと至る。軽いノックをしてみたが中から反応は無い。明美は「御嬢さん! 御嬢さん!」と声を掛け、ドアを叩いた。
 そこに通り掛かったのがまた別のメイドである。彼女は明美のただならぬ様子に声を掛けた。
「あの、お客様、如何なさいましたか?」
 振り向いた明美は事の次第をメイドに告げた。
「昨日お世話になった御嬢さん、こちらにいらしてるはずなんですけど……返事が無くて、ちょっと心配で……」
 これにメイドは首を傾げた。え――と、そこには不思議そうな表情が浮かんでいる。
「あの、お客様、そちらは空室でして……誰も使用しておりませんが…」

続きはこちら→壺中天の宴Ⅵ

シリーズ一覧はこちら→妖・密事シリーズ
(当作品は官能小説です☆18歳未満の方はご遠慮ください☆)


にほんブログ村

Posted on 2016/09/09 Fri. 23:24 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 官能小説 
tb: --   cm: 4

R-18小説:妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ更新!  

本日幻創文庫にて小説の更新です!

奇譚×官能の連続短編『妖・密事シリーズ』の副題『壺中天の宴Ⅴ』になります。

ラスト二話、後半戦突入です。
(当作品は官能小説です☆18歳未満の方はご遠慮ください☆)

≪本日更新作『壺中天の宴Ⅴ』試し読み↓≫
 部屋の外が何やら慌ただしい様子――使用人達の駆け回る足音や、何事かと詳細を問う声が様々な方向から飛び交っている。
 その騒々しさはやがて深い眠りの中に居た明美にも届いて、彼女は目を覚ました。上半身を起こし、ぼんやり霞んだ頭で辺りを見回して、己の裸体に少しだけ驚き、嗚呼、昨夜の情交が夢では無かったのだと悟る。
 少し身をよじれば、未だ溜まったままの精が零れてしまいそうな感触があった。それが彼女には嬉しくも、しかし隣に彼の姿は無し。
 まぁおそらく令嬢の元に帰って行ったのだろうと、それは致し方ない事と考え浴室へと向かった。
 身形を整えて部屋を出てみれば、やはり洋館の内部は不穏な空気に騒々しく色めき立っていた。何事だろう……明美も不安になって、もし――と、近くを通り掛かったメイドに話し掛けてみた。
「あの、どうかなさったんですか? 何か皆さん、慌ただしいような……」

続きはこちら→壺中天の宴Ⅴ

シリーズ一覧はこちら→妖・密事シリーズ


にほんブログ村

Posted on 2016/09/07 Wed. 23:40 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 官能小説 
tb: --   cm: 0

R-18小説:妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ更新!  

本日幻創文庫で小説更新されました!

奇譚×官能の連続短編小説、『妖・密事(あやかしみつじ)シリーズ』です。

副題『壺中天の宴』のⅣになります。

令嬢の専属執事が主のいないところでアレコレはじめちゃっていますが、ではその間令嬢は何を?のコーナー。w

楽しんでいただけたら幸いです!
(当作品は官能小説です☆18歳未満の方はご遠慮ください☆)

≪本日更新作『壺中天の宴Ⅳ』試し読み↓≫
 なかなかに広大で複雑な構造を持つ洋館故、どこのどんな通路であったか詳細は記さずも、されど繰り開いた窓の外、その夜の景観は記すべきか。
 凪いで黒い海の圧倒的な存在感は日中のそれと打って変わって恐ろしくも、まるで夜空と同化して宇宙の深さを思わせる。
 夜空に瞬くは夏の大三角を主演にした恋の舞台――散りばめられた脇役達の個性さえ瞬いて、その名演は令嬢の心に感動を与えただろうか?
 いいや、窓際にあれば「深窓の」と謳いたくもなる横顔なれど、その表情どこか詰まらなそうである。
 そんな横顔に、柔和な笑みと優しげな声で近づく青年あり。その凛々しい目鼻立ちと繊細な金色の髪は混血の成すところであろうが、とまれ細い白のスラックスに青いシャツ、その上物を着こなしてなんら差し支えない所見るに、この宴の客、つまりはどこぞの財閥の跡取りであることだろう。
 彼、そっと令嬢の横に立ちかく語りき。
「浮かない顔をされていますね。貴女はベガのように美しいのに、それではアルタイルも振り向いてくれませんよ?」

続きはこちら→壺中天の宴Ⅳ

シリーズ一覧はこちら→妖・密事シリーズ


にほんブログ村

Posted on 2016/09/02 Fri. 23:53 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 官能小説 
tb: --   cm: 0

FC2カウンター

プロフィール

カテゴリ

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング(小説)

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード