夢月亭~下手の横好き~

夢月亭清修の小説&バス釣りブログ♪小説の更新情報・小説・釣行記録・その他諸々掲載してます★

R-18小説:「壊れた放課後」更新!  

本日幻創文庫にて小説の更新です!

『壊れた放課後 後編』

本作は読み切りなのでこれにて完結。よかったら是非^^

≪壊れた放課後 後編 試し読み↓≫
 先輩のぎこちない舌先が、〇〇をゆっくりとなぞった。その瞬間、満足感と渇望が同時に背筋を駆け抜けて、嗚呼、得も言われぬ悦楽を僕に刷く。
 あの風紀委員長が今、自ら僕の〇〇を舐めたのだ! これが僕にとってどれ程官能的な出来事だったことか、他人に解るはずもない。
 それと同時に、この悦楽をもっととせがむ本能が、心の内側で確かな獣の輪郭を得た瞬間でもあった。

続きはこちら→壊れた放課後 後編

最初から読む方はこちら→壊れた放課後 前編
(当作品は官能小説です☆18歳未満の方はご遠慮ください☆)


にほんブログ村

Posted on 2017/04/20 Thu. 18:47 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 官能小説 
tb: --   cm: 4

R-18小説:「壊れた放課後」更新!  

本日幻創文庫にて小説の更新です!

『壊れた放課後 前編』――今回はシリーズ連載ではなく読み切りになります。

前編と後編に分けましたが、それで完結……分かりやすく官能小説な内容に仕上げたつもりです。

≪壊れた放課後 前編 試し読み↓≫
 この春に新設される同好会の審査書類が山のようだった。僕達一般の風紀委員は校内に残っている生徒が居ないか見回りの後、直帰を命じられていたのだけれど――
 一人委員会室に残って残業の上杉先輩が気になって、僕は缶珈琲を片手に彼女の元へ向かった。
 差し入れがてら、一言二言でも会話できたらいい――そんな下心あっての、ちょっとした命令違反。
「早く帰りなさい」と怒られたら、その時は「先輩もですよ」と笑ってやろうと思っていたのだ。
 でも――
 委員会室の前に辿り着いて、僕は凍り付いた。
「…ん、うっ、あ、ん――」
 室内から、微かに喘ぎ声が聞えた。
 わずかに開いた引き戸から、廊下に漏れる蛍光灯の灯りのようにささやかで、それでいて濃厚な艶を感じさせる声だった。遠く離れた職員室か用務員室にしか人も残っていないだろう校内で、その声は如何にささやかでも男の芯に響く。
 しかしだ、他の部室、委員会室ならいざ知らず、ここは風紀委員室――如何な情事が行われるとしても不似合な場所である。

続きはこちら→壊れた放課後 前編
(当作品は官能小説です☆18歳未満の方はご遠慮ください☆)

興味のある方は是非。笑


にほんブログ村

Posted on 2017/04/17 Mon. 21:57 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 官能小説 
tb: --   cm: 6

小説:不思議なオカルト研究部シリーズ更新!  

本日幻創文芸文庫(β)にて小説が更新されました!

『不思議なオカルト研究部 第七話 廃屋の人形 後編』

廃屋を後にした部員たちの後日談的内容です。人形の曰くについてもちょっぴり解明されるかも!?

≪第七話 廃屋の人形 後編 試し読み↓≫
 六人は来た道を戻って柳田家の寺へ――境内に到着すると、事前に連絡を入れておいた柳田の兄が待っていた。
 名は柳田邦夫。紺色の作務衣に草履を履いて、綺麗に頭を丸めたその姿は如何にも僧侶らしい。
 しかし、境内の真ん中で腕組み、仁王立ちで、細い眉を厳しく吊り上げている。誰が見ても怒っているとしか思えなかった。
「すまんな、兄貴――」
 皆の先頭に立って声を掛けたのは身内の柳田邦彦である。次の瞬間――
 パンッ! と、激しい破裂音が境内に響いた。邦夫が邦彦の頬を力一杯張ったのだ。
 邦彦の眼鏡が石畳に落ちた。
 あまりに唐突な出来事に、そこにいる誰もが息を呑み――一拍の間を置いて邦夫の怒鳴り声を聞いた。

続きはこちら→廃屋の人形 後編

シリーズ一覧はこちら→不思議なオカルト研究部


にほんブログ村

Posted on 2017/04/03 Mon. 22:29 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 小説 
tb: --   cm: 2

小説:不思議なオカルト研究部シリーズ更新!  

本日幻創文芸文庫(β)にて小説が更新されました!

『不思議なオカルト研究部シリーズ 第七話 廃屋の人形 中編』です。

前回、映像で登場した廃屋に部員達が突入致します^^

≪第七話 廃屋の人形 中編 試し読み↓≫
「かなり大きな平屋だ。これなら元の持ち主は裕福だったのだろうと想像するが……それなのに手付かずで廃墟化しているのには違和感があるな」
 これに緑ヶ丘が同調した。
「そうよねぇ…中を見た感じ、家財道具も置きっぱなしだし、手荷物だけまとめて夜逃げでもしたみたいよね。変な家だわ…」
「そうだよなぁ! 雰囲気あるよなぁ!」
 カルマのウキウキの声が廃屋と庭に響いた。彼は相変わらず楽しそうである。
 そうして辿り着いた廃屋の裏側――そこに、目当ての建物はあった。
「あれっ?」
 石動が声を上げ、柳田に言った。
「離れ座敷って、こんなに小さいモンっすか?」
 見ればその建物は、座敷と云うよりも祠を大きくしたような造りであった。内側は二畳ほどと想像でき、人が入る為の建物と云うよりは物置小屋程度の大きさで、しかし硝子窓から中の暗がりを覗く限りでは空っぽにも見える。これは――

続きはこちら→廃屋の人形 中編

シリーズ一覧はこちら→不思議なオカルト研究部

宜しくお願いします^^


にほんブログ村

Posted on 2017/03/30 Thu. 22:19 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 小説 
tb: --   cm: 4

小説:不思議なオカルト研究部シリーズ更新!  

こんばんは!最近は年度末、人事異動の為の引継ぎ等、仕事が忙しくてブログを放置してしまっています><;

訪問して下さる方々のブログに足を運べず申し訳ありません……もうすぐこの忙しさからも解放されるはずですので、何卒ご了承をば…。

で、本日は小説の更新報告でございます。

『不思議なオカルト研究部シリーズ 第七話 廃屋の人形 前編』

こちら本日幻創文芸文庫(β)で更新されました!

前・中・後の三回に分けて更新予定です。

いつもよりガチなフィールドワークを描きましたので、お時間よろしければ是非^^


≪第七話 廃屋の人形 前編 試し読み↓≫
 そして早速である。彼は現場に行こうと提案し始めた。いいや、提案ではなく、最早行くことは決まっているような言い草で――
「よし、ならば明日にでもフィールドワークが決行できるな。矢野君、君も時間あるかい?」と、他の部員にはスケジュールの確認も無しときた。
 そんな彼に、直也が詰め寄った。
「ちょっ、ちょっと待って下さい部長! 本当に行くんですか!? え、えっと、上手く言えませんけど……この映像の場所、かなりヤバいんじゃ……」
 柳田はパソコンから振り返って直也を見た。直也は「このサークルの部員がだらしない」と詰られる気がして身構えたが、柳田は脂汗浮かせて青ざめている直也の顔をじっくり見た後、ふむ、と頷いて言った。
「なら、それ相応に準備はするとしよう」と――。

続きはこちら→第七話 廃屋の人形 前編

シリーズ一覧はこちら→不思議なオカルト研究部シリーズ


にほんブログ村

Posted on 2017/03/27 Mon. 23:24 [edit]

category: 小説更新

thread: 更新報告・お知らせ - janre: 小説・文学

tag: 小説 
tb: --   cm: 2

FC2カウンター

プロフィール

カテゴリ

Twitter

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング(小説)

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード